間取りと家事動線を考えよう

注文住宅リサーチ

間取りと家事動線

つみきを持つ人

間取りは家事動線を意識すること

間取りを考える際に注目しておいた方が良いことがあります。それは家事動線です。家事動線は家事をするときに動く経路のことを指し、これを考えて間取りをつくることで家事の効率が良くなります。そんな家事動線は廊下の数がポイントになります。

なぜ廊下の数なのか

実は廊下がスペースを取っているなんてこともあるのです。廊下の数を減らすことによって居住スペースを広く、またはその他のスペースを増やすことができます。そして、このような無駄のないスペースにすると家事動線が効率のいいものになります。簡単にいうと移動回数を減らす、洗濯機と洗面所の距離を近くするということです。

考え方

家事動線の考え方ですが、専業主婦の目線に立つことがポイントです。家族が仕事や学校でいない間、専業主婦は家事をこなしています。家事をしているときの移動、効率などをよく聞いて、意見をしっかり取り入れるといいでしょう。

参考になる情報は沢山ある

家事動線を意識した間取りと住宅ですが、イチから考えるとなると難しいものです。そこで、すでにあるものを参考にするといいでしょう。そういった間取りと住宅の情報の数は多く、簡単に探すことができます。浴室やキッチンなど場所別で確認ができるので、とても役に立ちます。

忘れずに

快適な注文住宅づくりのひとつとして家事動線を意識した間取りを説明しましたが、そこを優先しすぎて納得できない間取りの家にならないように注意が必要です。家事が効率良くできることは重要ですが、一番は家族全員が納得できる間取りにすることです。

広告募集中