モデルハウスでイメージを固める

注文住宅リサーチ

見本を見学する

男性

イメージを固める

モデルハウスの見学

実際に見学する場合

見学の際のチェック箇所

no.1

外回りと玄関

この二か所はオリジナリティが表現できるスペースになっていて、屋根と外壁の素材、デザインの傾向などを確認すると同時に給排水のメンテナンスがしやすいかどうかも確認しておくといいでしょう。玄関はドアと鍵、そして収納をチェックするといいでしょう。

no.2

リビング

一家団欒の場となるリビングですが、ここではソファーやテーブルなど置いてある家具のサイズを測っておくと効果的です。また、ソファーに座ってみて周りを見渡して全体の雰囲気をしっかり確認しておくといいでしょう。

no.3

台所

毎日使う場所ですから、ここも念入りに確認する必要があります。イメージをつかむために実際に立ってみて、高さや使い勝手を確認してみましょう。確認の際には快適に利用できるために家事動線をしっかりイメージすることが重要です。

no.4

洗面所

洗面所ではどんな設備が必要かということだけでなく、換気や窓回りもちゃんと確認して湿気対策を考える必要があります。また、洗面台の高さですが家族構成によって異なります。高齢者がいる家庭だと椅子を入れることがあるので、高めにしておくのがベストです。

no.5

寝室

寝室での一番のチェックポイントですが、プライバシーをちゃんと確保できるかどうかになります。それに加えて遮音効果の確認や、空気環境が気になる場所なので湿気対策ができるかどうかの確認も欠かせません。

広告募集中